先輩の声剣道部所属社員Kendo club

青木廉

好きなことが続けられる、
恵まれた環境に感謝!

青木 廉
2018年4月入社
メディア生産管理部

剣道部がある会社?!

小学校2年生からずっと続けている剣道。24歳になった今、剣道歴16年になります。社会人になった私が働きながら剣道を続けられているのは、大学時代に剣道部の稽古に顔を出してくれた、剣道部OBの方との出逢いがキッカケでした。
「トッパンフォームズ東海っていう静岡県の企業で働いているんだけど、うちの会社には剣道部があるんだよ。見学に来てみる?」という一言がきっかけで「自分の大好きな剣道を、大人になっても続けられる環境があるんだ!」と感動した私は、すぐに会社見学させていただくことに。実際に製造現場も見学するうちに「自分たちが当たり前のように使っているカードって、こんな風に作られているんだ」とカード製造にも興味を持ち、入社を決意しました。

経験を積むことができた、社会人1年目

私は生産管理グループで、お客さまから注文いただいた製品を納期通りに製造が進められるよう、スケジュールを組んだり、製造現場との連携を取ったりする「工程プランナー」という業務を行っています。現場の班長達と日々ミーティングを行い、連携を取りながら工程を調整しているとき、「仕事を任せてもらっている」という充実感がありますね。
部署内はコミュニケーションがよく取れており働きやすい環境ですが、やっぱり仕事ですから、大変なこともありました。入社後半年が経ち、ちょうど仕事に慣れてきたというタイミングで、袋井工場への工場移転が本格的に始動。旧工場と新工場間の仲介役と、通常の業務との両立…そんな日々が続き大変でしたね。
ですが、工場移転にかかわるのは大きな仕事をやり遂げたことで、すごく経験値があがったと感じています。このような大規模な工場移転というのは、社会人生活で最初で最後だと思います。それに携わることができているということをモチベーションにして、取り組みました。

新しい剣道の愉しみ方

学生時代の部活動では、大会への出場で「結果を出すこと」が目的でした。それも良い経験でしたが、大人になってからの剣道は、今までと見える世界が大きく変わりました。昔のように「強くならなきゃ」と追われるような気持ちではなく、「どうしたらもっと上手くなれるだろう」と、自ら学ぶ姿勢で、剣道と向き合えている気がします。
剣道部には、剣道はもちろん、経験談や人生観などいろんなことを教えてくれる先輩がたくさんいます。そして、なんと社長が剣道の稽古をつけてくれます!初めは「どんな稽古なんだろう…」と少し緊張していましたが、丁寧に、そして笑顔で温かく接していただき、「ここで剣道を続けられて良かった」という思いがこみ上げました。
私は今年から剣道部主将になりました。部員から、剣道はもちろんのこと、仕事や、プライベートでも相談を受けたり、頼りにされる近い存在となり、その中でチームをまとめていきたいと思います。

常に、全力で楽しみたい!

自分のモットーは「仕事もプライベートも、常に全力」。双方のバランスが取れているからこそ、毎日イキイキできるのだと思います。ということで、休日は色々な人と出掛けたり、体を動かしたりと、常に動いています。カラオケ(お酒を飲んだら行きたい、飲まなくても行きたい)、カードマジック(コロナ自粛中の暇の極みにより習得。持ちネタは20個超え。日々精進中)、ゴルフ(歴3ヶ月、コースに出るのを夢見る男)…やりたいことがたくさんあって、時間が足りないくらいです。
仕事、剣道、そしてプライベート。常に新しいことにチャレンジできる環境に感謝し、自分自身がまた一歩、成長できればと思います。

先輩の声TOPへ戻る
採用情報TOP
PAGE TOPPAGE TOP