袋井工場Fukuroi Factory

世界最大規模の
ビジネスフォーム製造工場

袋井工場

2019年10月、これまで浜松市、掛川市にあった3工場を集約。
国内のビジネスフォーム主力工場として、袋井工場が新たに竣工しました。
最新鋭の設備導入はもちろん、敷地内にトッパンフォームズグループ初となる保育園を併設するなど、
社員一人一人が働きやすい環境づくりを目指しています。

袋井工場のコンセプト

世界最大のビジネスフォーム製造工場

1.世界最大規模のビジネスフォーム製造工場

袋井工場は敷地面積約77,000㎡、東京ドームのおよそ1.6倍の広さを持ち、
ビジネスフォームを主力としている工場としては、世界最大級の規模を誇ります。
資材の仕入れから印刷・加工、検査、出荷という製造における全工程を工場内で行い、全国の製造を担う工場です。

生産性の向上に向けた「オートメーション化」と「見える化」

2.生産性の向上に向けた「オートメーション化」と「見える化」

細かい手作業のロボット化や、重たい荷物の運搬を自動搬送するロボフォークの導入など、自動化省人化に取り組んでいます。
また、工場内の「見える化」をテーマに、大型ディスプレイを使用したエネルギーや設備稼働状況の表示をはじめ、
作業エリアと事務所の間を大きなガラス張りにすることで現場とスタッフの一体感を生むなど、生産性向上にも努めています。

BCP(事業継続計画)

3.BCP(事業継続計画)

袋井工場は、強固な地盤で海抜の高い袋井市豊沢工業団地に建設いたしました。
今後予想される南海トラフ巨大地震などの災害が起こった際にも、
従業員の安全、そしてお客さまの大切な情報を確実にお届けするための設備を備えています。
また、袋井市と「災害応急対策に関する支援協定」を提携。災害時には袋井市と協力し、復旧作業の支援を行います。

袋井工場概要

袋井工場を上空から見た写真
袋井工場竣工2019年10月
敷地面積 約77,000㎡
所在地 〒437-8550 静岡県袋井市豊沢2228番地の1
製造品目ビジネスフォーム、データ・プリント・サービス、カード、RFID
従業員数350名(2020年3月現在)
PAGE TOPPAGE TOP